女性が働くために 有利な資格と資格取得のタイミング

計画的な資格の取得と実情

就職をするのに苦労することを懸念して、その助けにするために資格を取ろうという人は大勢います。そのために大学選びから慎重になったり、大学に入学してから計画的に予備校に通ったり、通信教育を受けたりして就職の準備をするという人も稀ではありません。特に、女性は就職難に陥る傾向が強いことから、そういった入念な準備をして就職活動を始めるという計画的な人が多い傾向があります。そういった計画性の高さは、とても有利にはたらくのは確かですが、あまりに早く準備をしすぎてしまい、就職活動をする頃には取った資格によってなれる職業に実はあまり興味を持てなくなってしまっているということもよくあることです。大学選びの時点で将来のことを考えて、文系なら法学部や経済学部・理系なら医学部や薬学部を目指す人も多いでしょう。しかし、高校生の視点から大学で何を学ぶかや将来の職業の本当の姿を想像するのは難しく、身近に実際にその仕事をしている人がいない限りは確かなことは言えません。なんとなく職業に対して持っているイメージで将来の職業を決めてしまい、実際に就職する直前になって仕事の実態を知ってやめてしまうことになりがちです。その準備をしたおかげでうまく就職活動に成功して仕事につける人もいますが、せっかく資格を取ったからという理由で仕事先を選ぶことになる人もいます。それで現場で活躍できる人もいれば、結局は転職をして新しい道を歩む人もいるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です